英語が苦手・・・

英語が苦手・・・

英語が苦手・・・

こんな事を突然カミングアウトするのも恥ずかしいんですが・・・
私は中学生の時に英語のテストで3点を取った事があります(汗)

このテストは全国共通の学力テストなので、学校による特別に難しい問題という訳では無かったので、全国レベルで3点しか取れないぐらいの英語力だったんです。。。


しかし、その頃の悔しさをバネにして、今ではTOEICで900点台を取れるようになりました!!




・・・とは、当然いかず、
今でも乏しい英語力に苛立ちを感じたりしているKouです。


さて、今日は何が言いたいかというと・・・

「私、英語が超苦手なんです!!」っていう、Kouと同じ人種の方は当然、英語で記載されているブックメーカーの操作に不安を感じると思うんです。

言葉が通じない。言葉が分からない。っていうのは結構つらい事ですからね。

プロのスポーツ選手でも、言語の違いに不安を感じて、海外移籍をためらってしまうと言っていましたし、Kouもはじめて『フィリピンパブ』に行った時は足がガクガク震えるぐらい不安に感じたものです(爆)

ですが、ブックメーカーの操作に関して言えば、英語が得意じゃなくても、そこまで怖気づかなくても大丈夫です。実際にKouも乏しい英語力を頼りに、ブックメーカー投資に挑戦したときも、「もう、何言ってるか全然わからん!!」 「もう辞めるっ!」って感じにはなりませんでしたから。


まぁ、よく考えたらそうなんですよ。


全部英語で書いてあっても、全てのページを端から端まで隈なく見るってわけじゃないですからね。見るページはごくわずかですし、そこに書いてある言葉もほとんど理解しなくて良いです。


必要なのは、その英語の羅列から、アービトラージが発生した選手名(チーム名)の文字列を探し出す事だけなんです。


探し出す事に成功したら、後はベットを完了させるだけ。
たったのこれだけでアービトラージ投資は出来てしまいます。


つまり、普通にブックメーカー投資をしているだけなら、”英語力”は必要ないんですね。

もしも、それでも不安に感じるなら、翻訳ツールを使えばOKです。
Exite翻訳などのWebサービスを利用するのも良いですが、オススメはGoogle翻訳です。

Google翻訳は、Googleツールバーをインストールすればスグに使えますし、ポチっとワンクリックするだけで、見ているWebページがあっという間に日本語に変換されます。

まぁ、文章的には完璧な翻訳とは言えないですが、ブックメーカー投資に必要なぐらいには和訳してくれるのでとっても便利ですね☆


エキサイト翻訳
yahoo翻訳
Googleツールバー



英語が苦手なKouにとって、ブックメーカー投資のハードルといえば英語ぐらいなものです。

だって、ブックメーカー投資に必要な作業は、
サイトから選手名を探す ⇒ オッズを確認する ⇒ ベットする ⇒ 確認する
たったのコレだけなんですから。


こんな簡単な作業は、はっきり言って小学生でも出来るレベルです。
つまり、語というハードルさえ乗り越えられれば、あとは楽なものなんです。


「英語が苦手だから・・・」と言って、一歩を踏み出せないあなた!
英語が全然ダメなKouでさえ出来たんですから、きっと大丈夫ですよ。



勇気を出して挑戦してみませんか?



Kouがオススメするブックメーカー投資のノウハウ
⇒ 勝率100%の投資術


お問い合わせはこちらからどうぞ

 ←次の記事 | 前の記事→ 

コメントはありません。

コメントを投稿する



Copyright © 2010 ブックメーカーアービトラージで本当に稼げるのか?実践・検証ブログ All Rights Reserved.
特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | サイトマップ | powered by WordPress

ブックメーカーアービトラージで本当に稼げるのか?実践・検証ブログ TOP » 英語が苦手・・・